″同じ穴の狢″という表現と某ユウチュウバー。

″同じ穴の狢″というのは私がネット民を批判する際に好んで使った表現なのだが、この表現をたまに使うユウチュウバーがいて、向こうは恐らく私の事をブロック(本人は私をブロックしていないと動画の中で語ったようだが)するぐらい嫌いなのに、私発信とは知らずに恐らく動画の中で使っていて一体この人はどういう人なんだろうという心境になる。



まあ何かの縁でこの文章を読んでいるのなら不確かな人間の言葉として聞いてほしいのだが、先に書いたユウチュウバーを仮にBとする。
この人は転売を商売にしているユウチュウバーなのだがこのユウチュウバーは私がお世話になっていた仮にユウチュウバーAとする人物と後に対立する。
事の発端はユウチュウブの一部で名の知れたAをBが動画の中で褒めた事に始まり、それに対してAは馬鹿と返したのが火種になった。

確かに馬鹿と動画の中で表現したAも悪いのだが、その事にBは大層怒った(Aの今までの挙動を見れば誉めれば誉め返すような単純な人物ではない事は分かりそうなものなのだが)。
彼は基本的に矛盾点が多く取り繕った外顔には似合わない人物でその前後の動画でもBは全くAの事を理解してはいないのにリスナーなんかより自分はAの事を理解していると暗に動画で語った(理解してないから結局ネット上で対立する結果になった)。

Aについて書かれた匿名掲示板に自分について誹謗中傷が書かれた事を知った際も大変怒った。
そしてネット民(2ちゃんねらー)は皆嫉妬で自分を叩くという旨のラップを大真面目に動画で披露して、″お前らにかけるのかこんなラップが″″言いたいことがあるなら面と向かって言ってちょうだい″と言う旨の言葉を発言。
それに対してよせばいいのにコメント欄に彼のラップのリズムにあわせてアンサーソングを書いた所私は一回でブロックされた(本人は後に動画で私をブロックした事について否定したそうだが)。
最終的にはコメント欄そのものを閉鎖したBだが″面と向かって言ってちょうだい″というのは直接会いに来るようにという事ではまさかないと思う。
この通りBは冷静そうな見た目とは裏腹に非常にエキセントリックな人物で、最近では自分を誹謗中傷したと思い込んだ店員を盗撮して晒すなどエキセントリックさに拍車がかかっているらしい。



でも実際はと言うとこのユウチュウバーに関してもう私は大したわだかまりもないし、私をブロックした疑惑についても嘘だと思われても今は大した遺恨はない。
嫌いな人間とは敢えて関わらない方が良いと私も思うし、感情を動かしたのは始めの部分だけだ。
むしろユウチュウバーBを叩く匿名掲示板の人間については(私が好きな表現を使うなら彼らは私と″同じ穴の貉″で気に入らない部分はあれど一部で歪な仲間意識も私は持っているのだが)勿論あまり心が豊かとは言えないイジの悪い人間達だと思うし、そんな彼らに対して話題を提供し続けるユウチュウバーBにはむしろボランティア精神すら感じている。



本来ならこの人はまともに見えて歪な人間性の人物として一度受け入れ、もう二度と私の愚痴ブログには扱わないつもりだったが気になるのはこのユウチュウバーがたまに使う″同じ穴の狢″という表現だ。
妄想狂とも精神病とも思って頂いて良いが、その″同じ穴の狢″というワードは元々私が消した旧嫌われ者のブログで頻繁に使っていたワードだ。

私がお世話になったユウチュウバーAと私は一時期コメント欄で親しくさせて頂いていて、昔はアカウントに紐ついた形でこのブログのURLを掲載していたので知っている人は知っている。
ここでリスナーCが登場するのだが彼は私のブログを読んでいると言う旨をコメント欄で私に伝えてきたので今は知らないが一時期は恐らく本当に私のブログを読んでいたのだろうと思う。



そして私が一時期ブログで頻繁に使っていたワードが″同じ穴の貉″。
リスナーCはユウチュウバーAとBが対立している最中、私とユウチュウバーAを批判する形で″同じ穴の貉″という表現を使い、確かBのコメント欄でそのコメントをし、それ以来Bは比較的頻繁にそのワードを使うようになった。
このリスナーCは今でもなのかは分からないが一時期私のユウチュウブのアカウント名をやり玉にあげAのコメント欄でコメントすることが少しあったようで、このリスナーCは私に皮肉を言うのが好きだったのであの時も敢えて私が頻繁に使う″同じ穴の貉″という表現を使い私に皮肉を混めたのだろうと思うのだが(確かAについて扱われた掲示板でも私の″同じ穴の貉発言″を皮肉って書かれた事がある)定かではない。
しかし仮に″同じ穴の貉″という発言が私発信なら、ブロックするほど嫌いなユーザーの口癖をドヤ顔で知らず知らずのうちに動画の中で使うBはどうかと思う。



このユウチュウバーBは私が脳内で独り言を言う際の仮想的な話し相手である匿名掲示板の人間を″アンチは嫉妬でアンチコメするからスルーしとけばOK(しかもスルーできていない)″というような極めて簡単な言葉でかたずけたのでそれが気に入らなかったのだが、それ以外にもう遺恨はない。
むしろ匿名の人間の独りよがりな一方的なお喋りに話題を提供することで付き合い、歪なコミュニケーションを形成してあげているのだから優しい人間だと思う。
ただ彼は人の言論を批判かファンかでしかとらないので、仮にこの頭の悪い難解な文章が全て何らかの理由で彼に通じても批判としてしかとられないだろうと思う。

しかしでもユウチュウブをあれだけ批判されても投稿を続けるのは素直にすごいと思う。
私の愚痴ブログみたいなものとして習慣付いているのかも知れないが、それでもすごいと思う。
あと結婚して奥さんと子供がいてその歳まで衣食住に苦労してはいない。
それについても私は尊敬できると思う。
ただ本人がやたらとアンチを嫉妬でかたずけるのは嫉妬されていると思い込みたいからなのだろうと私は思う。



正直私は人生が充実していたらこんなブログはしてはいない。
話を戻すがユウチュウバーBがAから馬鹿と言われた際の怒りように正直多くのリスナーは面食らった。
それはあの程度のディスはユウチュウブでは日常茶飯事で日本語ラップのビーフのようなものだと考える人も多いからだ。
しかしユウチュウバーBはラップは好きだがビーフは眼中にないようでまるで現実の一部のように怒った。
それはユウチュウバーBにとってユウチュウブは何よりもlリアルな現実の一部だったからだろうと私は思う。

恐らくユウチュウバーBには家族以外にはユウチュウブの人間関係以外(彼のユウチュウブが人間関係と呼べたものかは知らないが)はほとんどなく、だからくこそユウチュウバーAから自分の転売と紐付けられた形で馬鹿と言われた際に自分の近況の全てを否定されたような気がして激怒したんだろうと思う。

ユウチュウブの人間関係。
家族。
転売。
それが現状のユウチュウバーBの全てだと私は考える。

仮にそうならそんなユウチュウバーBのような人間に嫉妬する人間は限られていて、それもその嫉妬の質も正直な話純粋な嫉妬じゃない。
嫉妬+Aだ。
ユウチュウバーBの自分発信で″アンチは俺に嫉妬している″なんて発言したら″ああこの人は只の馬鹿なんだな″と思う人も多いはずだ。
私はブーメランでしか物事を語れないがユウチュウバーBにブーメランを投げたらそういう事になるんじゃないかと思う。



ただこういう記事を書いた所で私にユウチュウバーBに勝てる要素はないし、ただ書いたのは″同じ穴の狢″という表現を彼が使っているのがモヤモヤしたからだ。
仮に私発信の言葉を知らずに使っているのなら照れるという感情と嬉しいという感情とはじめてのお使いを強制的に見せられるのの中間ぐらいの気持ちになる。
ただ曲りなりにも未だにユウチュウバーを続けている事に関しては私はユウチュウバーBに羨望の眼差しがある。
私には出来ない事だからだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

テール

Author:テール
仲良くしてください

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

広告

公告

広告

フリーエリア

全記事表示リンク