ネットの人にはネットの話しか分からない!?

私はネット民なのでネット民がAに対して何パターン、どのような反応をするかが大体分かると言う思い込みをしている。
その思い込みが現実に近ければ近いほど私はネットにしか居場所のない悲しい奴で(ネットにすらお前の居場所なんかないけどなwww))思い込みが的外れになったなら考えが鈍化したか(畑違いの思い込みはいつもの事だろwww)精神が悪化したか、慣れゆえの手抜きか思考停止か或いは何かが良い方向に向かっているんだろうと思う。
最近思うのはネットの人に現実の話を書いてそれを読んでもらって何か意味があるのかと言う事。
現実の悩みはやっぱり現実で解消するべきなんじゃないのかと思わなくもない。

ネットでまでネットの話をし始めると、よっぽど友達がいないんだろうと思われ勝ちで確かにそうだろうが、日本でアメリカの話をずっとされても場合にはよるが少し畑違いだろう。
場合にもよるが困ってしまうだろう。
それはアメリカ人に言って下さいと思われる事もあるだろう。
じゃあやっぱりネットの人にはネットの話をするべきなんじゃないか?
ネットには畑違いの話をする人が沢山いて私もそうだが、それは意外と現実の話をネットでするからずれた答えしか返ってこないのではないのか?
ネットの人にはネットの話しか基本的に分からないのではないか?
蛇の道は蛇、やっぱり現実の話は現実でするべきだと思う。

とは言ってもやっぱりする人はいないので、最近は精神的な話に落とし混んでブログに書く事が多い。
本当は趣味の話をしたり、自分の現実の状況を事細かに書いたりするブログの方が親しみがあり人気のあるブログになるのは知っている。

People's hearts are on the net when doing the net
People's heart is in reality when there is no net
People with a heart in the Internet do not know the feelings of real people
It might be useless to talk about reality to such a person
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

テール

Author:テール
仲良くしてください

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

広告

公告

広告

フリーエリア

全記事表示リンク