海底人ノンマルトに見る自国を正当化しようとする人の心。

海底人ノンマルトと言うのはウルトラセブンに登場する人類より先に地球に誕生した先住人種を名乗る集団で、本人達は人類により海底に追いやられたと主張している。
海底にまで手を伸ばした人類に対して彼等は人類に宣戦布告をするしかなく、しかしウルトラセブンの人力により彼等は破れ去る。
しかしストーリーのラストでウルトラセブンの星では地球人の事を″ノンマルト″と呼んでいる事が分かる。
ノンマルトの主張を覆すような情報は物語の中では見つからず、第三者の眼から見たら人類は限りなくグレーだろう。
しかし我々人類の為に作られたウルトラセブンと言う特撮は、嫌がおうにも人類が先住人種である証拠を見つけさせようとする。

ウルトラマンと言われる超人が一体どのような価値観で宇宙の平和を自治しているのか長く謎だったが、近年ウルトラマンは我々人類によく似た惑星人をルーツにもつ知的生命体である事が分かっている。
つまりウルトラマンが人類に肩入れするのは、人類が自分達と近い存在であるからで、彼の敵である怪獣や異性人は皆ウルトラマンとは姿形が似てはいない。
確かに惑星侵略は許されない暴挙であるが、見方によってはウルトラマンは人種差別的な価値観で人類に肩入れしているとも見れなくはない。
ウルトラセブンは作品の中でも常に難しい選択を迫られたが、視聴者である地球人の意見を代弁するかのように常に人類の側についた。
人類の杜撰な捜査により破壊兵器の実験場として選ばれた星の被害者であるギエロン星獣に対してもやはりセブンは命を奪った。



ウルトラセブンの続編であるウルトラセブン1999最終章6部作の最終エピソード「わたしは地球人」ではノンマルトの主張を決定づける事実を人類が隠していた事が判明する(この展開は、現在でも賛否両論に分かれている) 。
それが縁で人類に対して攻撃を開始したノンマルトの生き残りに対して、やはりウルトラセブンは人類側につくのだが、ウルトラセブンの今回の行動を受け入れる惑星は地球意外にどこにもおらずセブンは幽閉されてしまう(今回は明らかに惑星社会はセブンは侵略者である地球人側についたと言う見方をした)。
そしてその守られた地球人は人類が隠していた真実″オメガファイル″を惑星社会に公表し、反省の意思を認められ一人難を逃れている。

実際侵略者である人類が居座り、ノンマルトは滅ぼされているのに結果的に惑星社会は″反省の意思″程度で地球人を許してしまっている。
他の良識をひけらかす惑星人に関しても後ろ暗い過去があるのではないかと邪推してしまう。
まるで自分たちだって今までおかしな価値観で動いていたのに新参者を激しく良識人のように非難した列強のように。



ウルトラマンの世界は既にアメリカに守られている日本のような図式で物語が始まっている為、人類が他の惑星人といさかいを起こし大規模な惑星間の戦争になるような事はないのだろうが、仮にウルトラマンの力が惑星社会で弱体化してしまったら、地球人がどのような手段に出るかは分からない。
ウルトラマンと言う後ろ楯がなくなれば人類は惑星の侵略の危機を強く意識せざるをえないだろう。
そして顔色を伺うべき相手()ウルトラマンの権力は弱体化している。
ノンマルトの主張が決定的に作中で示唆されても、やはり人間は自分がついた方の立場に肩入れしてしまう。

実はEVOLUTION三部作に登場するアカシックレコードの記述、そして前述の最終章のノンマルトの一部の言動から本当に彼らが地球の先住民かどうかは怪しいと推測するファンもいる。(ノンマルトと現人類がとって代わられることはアカシックレコードに記されていない)
ピクシブ百科事典 ‐ノンマルトとは‐



肝心の″ノンマルトの一部の言動″について、明らかにしてほしいのだがネット上にはそれに関して言及している記事はない。
侵略と言う過度のストレスにより侵略の歴史が去ったあとに歴史をねじ曲げてしまうケースも私はないとは思えないので、ノンマルトが侵略のストレスにより一部の歴史を隠蔽している可能性も考えられる。

国が国を侵略しなくては多国が漁夫の利を狙っているような異常な価値観のもと、侵略しなくては侵略されてしまうような歴史も私達にはあった。
あの国を私達が侵略しなければ、あの人達は本当に幸せになれたのか。
他の国に侵略されていただけではないのか。
しかしそれは勝手な理屈である、しかし人間は自分の都合の良い勢力の正当性をいつも見つけようとしてしまう。
創作ではあるが、本当に当時ノンマルトと人類しか知的生命体は居なかったのか。
ノンマルトは本当に綺麗な被害者なのか。
当事者である人類はホモ・サピエンスの正統性を探ってしまう。
しかし被害者であるとされるノンマルトもノンマルトで、全て事実を言っているのかわからないのもまた事実だ。
スポンサーサイト

″終始大物気取り″のZeebraは″ガキだまくらかすクソエリート″。

敢えて言うがラッパーのZebraと言うのは、本当にしょうものない男だ。
自分より売れた後輩(Dragon Ash)をディスで潰し、高校生ラップ選手権を主催して将来が見えない若者(MC ニガリa.k.a赤い稲妻)を育て、またしても売れた後輩(KREVA)をディスして売名と牽制を行う。
食えないラップ業界で絶えず大御所気取りを通す事で、食いつないできた自覚のない詐欺師。

″終始大物気取り″とZeebraは″まるで物真似歌合戦″のようだと批判したDragon AshのKJに言った。
KJのモノマネは一流だ、ちゃんと本人に的確にZeebraのイメージを伝えている。
ZebraからしたらKJはフェイク野郎か、批判する時によく使うセルアウトか?
セルアウト出来ずに敢えてセルアウトしないような姿勢を徹底し、フリースタイルダンジョンがやっと″セルアウト″して嬉しくて堪らないフェイク野郎が私から言わせればZeebraだ。

Dragon Ashがフェイク野郎だろうと、Dragon Ashが″騙した″としたらファンと視聴者だけだ。
喰えないから、子供の夢にすがるなんて詐欺師の中でも低俗な奴がやることだ。
しかし視野が狭いからと言って騙される方も悪い。

後輩と組んで″ガキだまくらかすクソエリート″とKREVAをディスるZeebra。
親のこねで入学した慶應義塾普通部を中退したZeebra、KREVAは慶應義塾大学 環境情報学部卒業。
″ガキだまくらかすクソエリート″としてはフェイク野郎だな。
″この先は通さねぇぜフェイク野郎″とキングギドラに公開処刑されるぞ。
キングギドラの時からそう、誰かと組んで相手を矢面に立たせて相手を disrespect。
後輩のozrosaurusと組んでozrosaurus主体の楽曲でKREVAをディスするZeebra。
まるでZeebraの″終始大物気取り″の為に今の日本のラップ業界の一部は存在しているように見える。

定期的にブログは引っ越した方がいい!?

タイトルと文章があわなくなる!?


勿論の話ブログに置いて、書く文章とタイトルは大事です。
それでアクセスが全然変わってきます。

しかし雑談系のブログの場合段々とブログの題名と、実態があわなくなってきた。
自分が求められている文章は分かるが、その文章が本音ではなくなってきた等の事情があり、更新頻度が減ったり、ブログを削除されたりする方はたまに見受けられます。

クラゲねこさんがブログサービスを引っ越す理由


ニコ生に雑談系生主と言う言葉があるなら、そのブログ版をやってらっしゃる進撃の無職のクラゲねこさんは定期的にブログサービスを変えられていますが、あの行為には定期的にブログを一新して読まれやすくする為と、過去の自分に決別する意味合いもあるのだと思います。
私の個人的な意見ですが同じブログを2年間もやっていると、どうしても過去の自分の発言が自分を縛ったり、始めたブログの内容に縛られたりてしてしまいます。
そうすると段々と気持ちも億劫になったりするものです。

クラゲねこさんの終着駅ははてなブログ!?


余談になりますがアフィリエイトを意識したブログの場合、過去に書いた記事がいずれ読まれなくなると言うのは大きな問題であり、ワードプレスでブログを作成してそれに対処する方はよく見ますが、実際それでどれだけアクセスが増えるか、過去記事が捨て記事にならないのかは未知数です。
個人的にアクセスを増やすならはてなブログかワードプレスが有利だとは思いますが、件のクラゲねこさんがまたブログを引っ越すかと言うとはてなブログはクラゲねこさんが尊敬する日本一有名な京大卒元ニートphaさんが、はてなブログでブログを書いている事もあり、はてなブログがクラゲねこさんの終着駅ではないかと思ったりするのですがどうでしょうか?

プロフィール

テール

Author:テール
仲良くしてください

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

広告

公告

広告

フリーエリア

全記事表示リンク