一部情報に誤りがあった。

・ユウチュウブのアカウントのBANはニコニコのMAD動画を6つ無断転載していた事が原因でBANされた為、荒らしコメントが原因ではありません。
私はユウチュウブで荒らし行為はしていません。
恥ずべき行為でユウチュウブのアカウントが停止された為今までその事については黙っていました。

・ふわっちょさんと言うハンドルネームの人は本当に知りません。
Kさんにブログで噛みつき不愉快な思いをさせている事は事実です。
Aさんに関しては興味があった為、ブログの情報を断片的に記事にした事は本当ですが、ネットの断片的な情報で、それでも考慮したつもりでしたが、人の情報と言う物はブログに掲載された情報でも慎重に扱わなくてはいけないと深く反省しています。
過去にも今にも他人の本人が公表していない住所、本名に関しては絶対に書いてはいけないものだと思っています。

他の情報については真実と、1つが50パーセント、もう1つが95パーセントあっている情報です。
スポンサーサイト

都会のジャングルに住むか、陰湿な限界集落に住むか。

私は一時期某匿名掲示板の人達に(と言っても頻繁に書きこんでいるのは、恐らく10人前後だが)″その掲示板で私のハンドルネームを出すと愚痴愚痴とブログでアンサーを返してくる存在″として浅く認知されていたのだが、最近はめっきり私の話題は出てこない。
私みたいな寂しい人間、悪口だろうと何だろうと私について触れらていたらついつい見てしまうのだが、″独りよがりな人間はコミュニケーションの基礎が分からない。″と言うタイトルの記事を誰かが読んだらしく″ブーメランだ×2そんな人間だから友達が出来ない″と言う主旨の発言をされてからは全く触れられてはいない。

″独りよがりな人間はコミュニケーションの基礎が分からない。″と言う記事は、″自分もそう言う人間だから、こう言う人ってそう言う所がある。″と言うような内容だったのだが、相手にはどうもその辺が通じておらずタイトルと読んだとしても本文を浅く読んだ印象だった。
でも私のブログは読みにくいしそれもしょうがないと思う。



そもそも私のハンドルネームが匿名掲示板に出るからと言って私のハンドルネームが出るのは、私があるユウチュウバーに肩入れしていたからで、そのユウチュウバーの周辺から私がいなくなり、より強固に予防線を張らずにブーメラン発言をする人達が現れてからはその人達の話題だけになった。
大々″友達がいない?″確かに友達はいないが、その人のIDを辿ったら本人も″自分は友達がいない″と言う旨の発言をしていた気がするが、友達がいない人間を友達がいない人間が叩くのはブーメランじゃないのか?
或いはそれはいつものツリ発言?或いは私の勘違いか。
もしくは2ちゃんねるがツイッターを叩くようないつものノリで自分は良いが他人は駄目か。

まあ、私のブログの内容もそんな感じの目くじらの立て方だし、多少似ている所があるから同族嫌悪に陥ると言うのは私がよく言いたがる事だ。
ところで私があのユウチュウバーの界隈から離れたら本気でファンになると言う話はどうなった?
またいつもの余計なお世話の二枚舌だ。
飽きたのは別に良いし、私みたいな寂しい人間を多少構ってくれたのは良くないし、良い部分もあった。



しかしオワコンになった。
自分達を蔑ろにしたせいで、相手をされなくなってザマーだなと言われれば、別にあのユウチュウバーの周辺から遠ざかっても、近くにいれば人間関係やお金が手に入る訳ではないし、ああ言う事があってもなくても私はまたぐたぐだと愚痴を見つけてこのブログに書くだけだ。
失って困るのは友人とお金。
匿名掲示板にはそのどちらもない。
寂しいのは寂しいかもしれないが、私はいつも寂しいし匿名掲示板にハンドルネームが出なくなって寂しいか聞くのは陰湿な田舎者しかいない限界集落と、人間関係のない都会どちらに住むのが嫌か聞いてくるようなものだ。



本人のスレが私のハンドルネームのせいで増えてもしょうがないので、界隈から消える準備はしていた。

ただ消える前に動画で伝えたい事だけ伝えて、ブログごと界隈から消えた。
私があのユウチュウバーにしていたのはコミュニケーションではないし、本人の考えがある以上私はもう下手な事は言えない。

下手な質問と相手の反応、下手なアドバイスと相手の反応。
ネットにはたまに私と同じようにそう言う提案と解答と言う、とても会話とは言えないようなものを会話だと考えている人がいるが、本人が自分の考えを強く持った以上、私はもう薄ら寒い精神病が人間を演じているみたいなコミュニケーションはまっぴらだ。
普通に会話するようにコメントしようかとも思ったが、それをすると他人にデメリットがあるなら、もう潔く消えた方がいいでしょうと思った。

後に書く事があるとしたらあのアカウントは私のアカウントじゃない。
自分の複アカに自分でコメントしたら普通に考えてばれるだろう。
自分の複アカに第三者のような顔をしてコメントするような人間がいたら病気じみていると思うし、私は病気染みているが、自覚のある精神病患者と自覚のない精神病患者の違いみたいなもので、病気だからこそ病人みたいな事をしたくないという自意識が働く事もある。
自分の複アカに第三者のような顔をしてコメントすると言うような行為は私はやらない。

不安だけが私がブログを書く原動力。

私は基本的に何か文章を書こうと思い書いている訳ではなく、不安と思い付きを只書き殴っているだけだ。
自分も不安で正解が分からないから怒鳴る人や、答えを知らないから何とか口数を並べて答えを言っているように誤魔化すような人間。
それと何が関係あるかと言うとこのブログが書かれる理由にも根本には不安があり、このブログが書かれると言う事は根本に不安を抱えていると言う事だ。

私のブログによくFC2の訪問者リストから足跡を残すブログが前にあって、その足跡を私のブログを読んでいたと言うサインとして受け取って良いのかは分からないが、その人は私と同じ系統のブログをやっていたが、彼女が出来たから同棲する言う事で宣言通りの時期にブログを辞めた。
仮に私に彼女が出来た所で不安が無くなるとは思えないし、仮に私がこのブログを手放すとしたやっぱりお金か。
石原伸晃の言葉を借りるなら「最後は金目でしょ」だ。
お金があれば私は安心する、私はダメ人間カテゴリー王道の生活をさらけ出すようなブログは書けないがそう言う意味では圧倒的な駄目人間だ。

時間の弁償を求める人間が嫌なのは、その分のデメリットをしつこく要求するから。

相手が敵対心やデメリットを提示するなら穏便にすませられない時がある。
だからそう言う時の為に武力は必要なのだが面倒臭い。

相手も相手でデメリットを提示している時はそれなりの大義を持ってぶつかってきている。
その時された嫌な思いは相手が何をしたって返ってはこないのだから、私や相手が最終的に思うのは相手の存在がなければ良かったという事だ。

それは国と国、人と人との関係でもまだ理性がたがを持っている間は話し合いになるが、理性が持たなければ最後は命のやりとりだ。
その命のやりとりに本当にデメリットを提示された場合の話が出てくる。
人間は時間を弁償出来ないならどうするべきだと相手に考えるのか、その命のやりとりに人間の本質がよく現れていると思う。

Not Your Kind of people 貴方の理解できない人達

暴力を恐がらなくても良い人間は暴力とは関係のない場所にいるか、或いは本人にも暴力の臭いがするかのどちらかだろうと思う。
恐怖や苦手を克服するには、端的に言えば堪らないものを自分の一要素にするか、あるいは関係のない身分になるしかない。

あんたたちの目から視れば、
あたしたちは目障りな存在みたいね
世の中の全ては見せ掛けだけのウソっぱちだものね

だから、あんたたちはあたしたちを白い目で見るんでしょ
あんたたちは自分を良く見せようとして自分を一分のスキもなく着飾って
人の目を真っ直ぐ見て話そうとしないのよね

その態度を見ただけで、あたしたちがあんたたちに
良く思われていないってことが判るわ
あたしたちは毎日の生活の中で、あんたたちみたいに振る舞いたいとは思わない

とにかくハッキリしてるのは、あたしたちはあんたたちにとって目障りな存在だってこと
あんたたちがあたしたちに向かって論争を始めるなら、堂々と受けて立つわ
どうせあんたたちの口から出るのは嘘や方便だけなんだもの
そうやって周りの人たちと迎合しながら、
みんなから好かれたいと思ってるんでしょ
そんなあんたたちの振る舞いや言動を
アッと言う間に鎮めてみせるわ

あんたたちが思いっ切り自分を着飾ってみせる時、
自分は一番だと自負するんでしょ
あんたたちはジッとしてるのが嫌いだけど、大勢の人と歓談するのも好まない
そういうあんたたちの態度を、みんなは理解できないって言ってるわよ

そういうあんたたちの誰かが、あたしが寝ている深夜に突然、訪ねてきて
もしかしたらちょっとしたパーティでもやってるんじゃないかと期待して来るのよね
あんたの物音に気付いて起こされたあたしは思わず笑っちゃった
あんたはあたしについてのジョークをいろいろ口にするけど、取るに足りないものばかり
どうせあたしたちはあんたたちとは考え方も生き方も違う人間なのよ
言葉遣いだって、あんたたちとは違うものね
あんたたちが口先だけで言うウソはちゃんと判ってんだから

とにかくあたしたちはあんたたちとは住む世界が違うってことよ
だからってあたしたちを悪魔みたいに扱わないで、
あんたたちが毛嫌いする人間ってだけ

あんたたちの目から見れば、あたしたちは変わり者の人間かもね
ずっとそうなのよ


We are not your kind of people
You seem kind of phony
Everything's a lie

We are not your kind of people
Something in your makeup
Don't see eye-to-eye

We are not your kind of people
Don't want to be like you
Ever in our lives

We are not your kind of people
Find when you start talking
There's nothing but white noise
Running around trying to fit in
Wanting to be loved
It doesn't take much
For someone to shut you down

When you build a shelf
Build a mummy in your mind
You can't sit still and you don't like hanging 'round the crowd
They don't understand

You drove by as I was sleeping
You came to see the whole commotion
And when I woke I started laughing
The joke's on me for not believing
We are not your kind of people
Speak a different language
We see through your lies

We are not your kind of people
Won't be cast as demons

Creatures you despise
We are extraordinary people

プロフィール

テール

Author:テール
仲良くしてください

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

広告

公告

広告

フリーエリア

全記事表示リンク